以太以外

蒼褪めた巨漢は笑う水澄んで 以太

日記

異動の夢

異動になり、作業室の隅っこにある区分棚の前に立つ。四列くらいしかない区にすでに2パスが満載に差されている。輪ゴムでくくり、鞄に詰めてカブで出かける。途中、河岸段丘の上にある住宅街の児童公園にカブを停めた同僚が丘下の住宅街まで歩いて下りて配…

芭蕉翁奥之細道行脚より三百年記念

浜松市中区菅原町はJR東海道本線高架北側に堀留ポッポ道という緑道がある。国鉄浜松工場の工場線跡地を整備した緑道で、ケ91タンク機関車が展示されているらしい。そこに「芭蕉翁奥之細道行脚より三百年記念」と題された脇起の歌仙碑が建つ。おくのほそ…

第十二回十湖賞俳句大会

浜松市総合産業展示館で開催された第十二回十湖賞俳句大会に、東区長賞受賞者として参加しました。

鉄塔の夢

底面が六畳ほどある直方体の鉄塔を昇っている。鉄塔の外側には隙間から下が覗ける鉄階段が据え付けられている。その鉄階段を集団で螺旋に昇っている。ディズニーランドの待ち行列のようになかなか上に進まない。前後の人と談笑する。鉄塔の頂きまで昇りつめ…

ことごとく未踏

非番。郵便局と図書館の用を済ませてクリエート浜松に寄ったら浜松文芸館で俳人・髙柳克弘の世界展「ことごとく未踏」をやっていたので寄る。推敲の痕跡を帳面にちゃんと残しているところに浜松的生真面目さを見る。会場中央に設けられた机のひきだしに、キ…

全国大会

前日に新幹線で帰京。麦八〇〇号記念全国大会参加のため八時過ぎに宿泊先の実家を出て日暮里駅へ。月見寺こと本行寺の墓地を一周、俳人らしき集団を目撃する。他の句会かもしれず声はかけない。糸瓜垂れる子規庵でも俳人らしき集団を目撃する。大塚駅でステ…

第二回浜松古本市

第二回浜松古本市に参加しました。

麦酒

「麦酒は売りません」とその人は言う。愛知県新城市は鳳来寺の表参道脇に旧門谷小学校という廃校がある。その廃校でカフェ爾今主催の「スーク緑の十日間」というイベントが開催されている。スークではパンやフライパンが売られ、音楽が奏でられ、コーヒーが…