以太以外

蒼褪めた巨漢は笑う水澄んで 以太

日記

所以4

参議院選挙の期日前投票に行ったら、漫画家・赤松健が自由民主党から全国比例区で出馬していた。私も歳をとる。 『ラブひな』は全巻読んだ。 「ウンチ〇〇八」とは? 〈先制攻撃する(される)恐怖をわかちあい大江戸線の地下駅を行く/藤原龍一郎〉「地球人…

所以3

首がもげるほどうなずいたと大袈裟に描写せざるをえないのは、賛意に確たる根拠を持たないから。 〈青春は苦行であると気づくたび眉間を走り抜けてゆく中央線/笹公人〉、連作「異空間アンプ」文藝春秋2022.7。私にとっての南武線が彼にとっては中央線なのだ…

所以2

梅雨入りの日、玉虫を見つけた。靖國神社で翔んでいるのを見て以来だ。 日本国憲法第25条から「最低限度の」を削除し「すべて国民は、健康で文化的な生活を営む権利を有する。」と改めたい。 府八幡宮の坂下にいた蜜蜂の群れへバイクで突っ込み、右頬を刺さ…

所以1

林檎の半分を知ると皮も断面も知る。林檎一個を知っただけでは皮しか知らず、断面を知らない。 5月8日(日)、鴨江アートセンターの第六回浜松古本市へ顔を出す。壬生キヨム氏が店を出していた。 インチュニブが良い方へ効く。 5月14日(土)、豊川市新桜町…

事任八幡宮のことどひの里

事任八幡宮の裏手にある「こととひの里」へおりた。

第三十八回短詩形文学献詠祭

伊勢国一宮椿大神社の別宮椿岸神社にて短歌と俳句の短詩形文学献詠祭が催され、参加した。 東名と伊勢湾岸と新名阪を駆け抜け新設の鈴鹿インターチェンジをおりた。浜松市から四時間弱で茶畑に辿り着いた。鈴鹿山脈の麓は伊勢茶の産地で、新名阪の高架から海…

動物の鳴き声

動物の鳴き声の文字化です。一般に知られている擬声語や擬音語とは異なり、実際の声や音に近づけました。

デカメロン抄

九月二十七日日曜日に静岡市へ行った。東名高速道路を使い、牧之原サービスエリアのドッグランの周りで娘を遊ばせた。静岡市内へ入り、鷹匠に新規開店したひばりブックスへ寄ったあと、もくせい会館での静岡県現代俳句大賞表彰式に参加した。コロナ禍のため…

浜松文芸館の合作俳句

放送大学の学生証をとりに早馬町のクリエート浜松へ寄る。一階に浜松文芸館の合作俳句企画の設備として赤いガシャポン機が置いてある。 ガシャポン機を回すとカプセルが出てきて開くと上五の季語「鶯や」と書いてある。AEDの下にある用紙にその上五を書き…

異動の夢

異動になり、作業室の隅っこにある区分棚の前に立つ。四列くらいしかない区にすでに2パスが満載に差されている。輪ゴムでくくり、鞄に詰めてカブで出かける。途中、河岸段丘の上にある住宅街の児童公園にカブを停めた同僚が丘下の住宅街まで歩いて下りて配…

芭蕉翁奥之細道行脚より三百年記念

浜松市中区菅原町はJR東海道本線高架北側に堀留ポッポ道という緑道がある。国鉄浜松工場の工場線跡地を整備した緑道で、ケ91タンク機関車が展示されているらしい。そこに「芭蕉翁奥之細道行脚より三百年記念」と題された脇起の歌仙碑が建つ。おくのほそ…

第十二回十湖賞俳句大会

浜松市総合産業展示館で開催された第十二回十湖賞俳句大会に、東区長賞受賞者として参加しました。

鉄塔の夢

底面が六畳ほどある直方体の鉄塔を昇っている。鉄塔の外側には隙間から下が覗ける鉄階段が据え付けられている。その鉄階段を集団で螺旋に昇っている。ディズニーランドの待ち行列のようになかなか上に進まない。前後の人と談笑する。鉄塔の頂きまで昇りつめ…

ことごとく未踏

非番。郵便局と図書館の用を済ませてクリエート浜松に寄ったら浜松文芸館で俳人・髙柳克弘の世界展「ことごとく未踏」をやっていたので寄る。推敲の痕跡を帳面にちゃんと残しているところに浜松的生真面目さを見る。会場中央に設けられた机のひきだしに、キ…

全国大会

前日に新幹線で帰京。麦八〇〇号記念全国大会参加のため八時過ぎに宿泊先の実家を出て日暮里駅へ。月見寺こと本行寺の墓地を一周、俳人らしき集団を目撃する。他の句会かもしれず声はかけない。糸瓜垂れる子規庵でも俳人らしき集団を目撃する。大塚駅でステ…

第二回浜松古本市

第二回浜松古本市に参加しました。

麦酒

「麦酒は売りません」とその人は言う。愛知県新城市は鳳来寺の表参道脇に旧門谷小学校という廃校がある。その廃校でカフェ爾今主催の「スーク緑の十日間」というイベントが開催されている。スークではパンやフライパンが売られ、音楽が奏でられ、コーヒーが…