以太以外

蒼褪めた巨漢は笑う水澄んで 以太

中日歌壇中日俳壇2021年1月24日

ちなみに中日歌壇の賞は「天・第一席:図書カード二千円分」「地・第二席:図書カー千円分」「人・第三席:図書カード五百円分」となっている。中日俳壇も同じだろう。島田修三選第一席〈天と地に垂直平行くり返し空間区切る足場組む人/稲熊明美〉最近塗装工事シーズンなのか足場が多い、何を隠そう、我が邸宅も大家の粋なはからいで足場に囲まれているので共感。鳶職が大活躍である。〈名にし負ふあの大阪のおばちゃんにまた叩かれたタコ焼もろた/伊藤正彦〉評にもあるけど古典的なはじまりと現代的なオチが楽しい。〈エゴイストとわれを攻撃する友を嫌いになれずエゴイストわれ/山田栄子〉相手のエゴは自分のエゴがあるから見える。小島ゆかり選第一席〈六歳のいとこ同士の本将棋「参りました」の声甲高き/山口竜也〉動物将棋から本将棋へ。藤井聡太二冠へ続け。〈ぎょっとすることもなく見る黒マスク意識せずとも日常変わる/竹内美穂〉コロナ禍、黒マスクはロックファンの衣装ではなくなった。〈縛らるることなくなりて夕暮れはものがなしくて犬と野をゆく/中村且之助〉退職された方か、犬も人も縛られず歩くときがいい、でも少し寂しさもある。本当は誰かに縛られたい。〈ぼろぼろの古きノートよケインズ完全雇用論 六十年前/垣見邦夫〉いまの雇用情勢にも通じるか? 栗田やすし選〈病窓に夜雨の光る星夜かな/柴田宏〉病院の窓にイルミネーションが映る。まだこれらは十二月の投稿群か。長谷川久々子選〈小さき富士置きて真白き刈田かな/北河覚〉雪なら浜松市の北のほうか、南の方は地力が落ちて白いのかも。〈一陽来復山影の縞模様/大石昭重〉冬至の山並み、太陽の動きが鮮やか。〈読み初めは禅の教への文庫本/南部千賀子〉読み初めは自分を見つめ直すところから。