以太以外

蒼褪めた巨漢は笑う水澄んで 以太

2021-06-07から1日間の記事一覧

津川絵理子『夜の水平線』ふらんす堂

新静岡の百町森へ行った日、『夜の水平線』を読む。〈受話器置く向かうもひとり鳥渡る/津川絵理子〉電話で気持ちは渡る。〈若狭より電気の届くふきのたう/津川絵理子〉原子力発電所とふきのとうの形状について。〈橋脚は水にあらがふ夏燕/津川絵理子〉夏…