以太以外

蒼褪めた巨漢は笑う水澄んで 以太

2020-02-24から1日間の記事一覧

塩野谷仁『夢祝』邑書林

西部清掃工場を見学した日、塩野谷仁『夢祝』邑書林を読む。〈噴水のむこうの夜を疑わず/塩野谷仁〉噴水のこちらの夜と噴水を通して向こう側にある夜とが異なるかもしれない、なんて思わせる夜の噴水の魔力。疑わずとは疑念ありということ。〈短夜のはるか…

俳句の基底部と干渉部

〈山里は万歳遅し梅の花/芭蕉〉について、 俳句の興味の中心を占めるのは、強力な文体特徴で読み手を引きつけながら、それだけでは全体の意義への方向づけをもたない(あるいはその手がかりがあいまいな)「ひとへ」の部分、行きっぱなしの語句である。これ…