以太以外

蒼褪めた巨漢は笑う水澄んで 以太

2020-02-15から1日間の記事一覧

放送大学「文学批評への招待」第3章詩の分析(2)

学習課題3 日本語の俳句、短歌、近現代詩を一つ選び、自分の得意な言語に翻訳し、翻訳のプロセスにおいて何が起こっているか記述しなさい。 俳句〈わが夏帽どこまで転べども故郷/寺山修司〉をスペイン語に訳す。 mi sombrero de verano rueda para siempre…