以太以外

蒼褪めた巨漢は笑う水澄んで 以太

2020-01-20から1日間の記事一覧

岡野大嗣『サイレンと犀』書肆侃侃房

こども園からのお熱コールで町一つと町半分の配達を見捨てて帰った日、岡野大嗣『サイレンと犀』書肆侃侃房を読む。〈校区から信号ひとつはなれればいつも飴色だった夕焼け/岡野大嗣〉児童にとっての異界はいつも夕焼けだった。〈友達の遺品のメガネに付い…

「あらくれし日月の鈔」『八田木枯全句集』ふらんす堂

労組新春のつどいの日、「あらくれし日月の鈔」を読む。〈再会やピアノの端に雪降れり/八田木枯〉「ピアノの端」に「雪」という景へのこだわり。〈濤の間に歌留多の夜のたゆたひて/八田木枯〉波の躍動と児戯心の躍動と〈平仮名に波がかぶさる歌留多かな/…